貯蓄ゼロの人がお金を借りる方法

日本人の貯蓄率が年々減少して、貯金がゼロの人も少なくありません。
貯金がない場合、もし急な失費が必要になったときに大変です。
人から借りるのも迷惑をかけます。
そういうときにすぐにお金を借りたいときにお金を借りるにはお勧めなカードローンです。
カードローンは発行されたカードを使うことで、コンビニのATMなどからお金を借りることができます。
その際に、担保や証人が必要にないので、大変便利です。
金利も低金利な金融機関が多く、返済が楽です。
しかし、カードローンのサービスを利用するためには、金融機関へ申し込みをし、審査を受ける必要があります。
審査は金融機関及び保証会社の二つから審査を受けることになります。
この二社が行う審査に通らないと、カードが発行されないのです。
審査に関しては、即日融資が可能な場合もありますが、通常は1週間から2週間程度かかることが多いようです。
また、会社に在籍確認の電話が入ることもあります。
その場合はローンの審査であることはばれませんので心配はいりません。
審査は厳しいところもあれば、比較的甘いところもあるようですが、審査基準が公表されていないので、詳細を知ることはできません。
多くの場合、定職があり、安定した収入がある人なら、問題なく審査が通る場合が多いようです。
しかし、多重債務になっていたり、過去に返済不能や延滞を繰り返していたりした場合は、審査に通りにくいと言われています。
一つの金融機関の審査が通らなかった場合、そこで諦めるのではなく、別の金融機関の審査を受けると良いでしょう。

知って得する!?情報コーナー

身近な法律の相談は日本司法書士会連合会の「総合相談センター」へ

司法書士というと登記の専門家というイメージがあるかもしれません。
しかし、最近では「街の法律家」として、クレジットやサラ金などの借金問題、敷金問題、相続、労働問題、交通事故、クーリングオフなどの消費者トラブル、成年後見制度など私達に身近な法律のサービスも行っています。
ではこのような法律問題を抱えているとしてどのように司法書士に相談すればよいのでしょうか。
個人的に専門家に知り合いがいるとか知人に専門家を紹介してもらうなどの回路がある方はよいのですが、そのような回路がない方は放置したり泣き寝入りしたりすることもあるのかもしれません。
しかし、最近は一般の人でも気軽に法律のサービスを受けられるように日本司法支援センター(法テラス)や行政や各種士業会が主催する法律相談会などさまざまな制度が整備されています。
そのような中に、日本司法書士会連合会の総合相談センターがあります。
各都道府県の司法書士会が行ってきた無料法律相談会を発展的に継承させたもので、全国約130箇所に設置されています。
相談にのり事件を受任するのは当然司法書士ですので専門的なサービスをうけることができます。
相談料は有料の相談センターと無料の相談センターがあります。
自分の地域のどこに相談センターがあり、有料か無料か、事前に予約は必要なのかは日本司法書士会連合会のホームページで確認できるので、相談を希望される方は事前に確認しておいた方がよいでしょう。