カードローン仕組みを知って40万円を楽に借りる借り方


カードローンを申し込んで40万円を借りる借り方は、銀行などの金融機関を利用するケース、消費者金融などの貸金業者を利用するケースの大きく2つに分けられます。
今すぐ40万円借りたいならカードローンをおすすめします。 カードローンの仕組みとしては同じですが、両者の審査基準に大きな違いがあるのです。
もちろん、審査基準はそれぞれの業者で異なるのですが、貸金業者には総量規制が適用され、金融機関には適用されません。
総量規制とは年収の3分の1までしか借りられないとする貸金業法に基づくルールであり、これが適用される場合、40万円を借りるには最低でも120万円の年収が必要になります。
もっとも、銀行によっては、この希望額でも年収は200万円以上を要求するところもあるので、必ずしも金融機関が貸金業者に比べて有利というわけではありません。
申し込みにあたっては、収入をはじめ勤務先や雇用形態、他の借り入れ状況などもチェックされます。
この点、総量規制は貸金業者1社だけで判断されるのではなく、既に借りている他社の債務額も含めて判断されます。
他の消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを利用している場合には、収入の最低条件がさらにアップしてしまいます。
たとえば、既に10万円キャッシングしていれば、新規の申し込み分と含め、合計借入額の3倍にあたる150万円以上の年収があることが最低条件となります。
なお、貸金業者では1社で50万円以上の借り入れをする場合には収入証明書の提出をしなければなりません。
審査の状況によっては、50万円に近い40万円でも提出が求められることがあります。