スピード審査がウリの消費者金融の審査基準


お金が急に必要になったとき、今日中とか一両日中にそれが必要だという場合、多くの方が思い浮かべるのが消費者金融のカードローンやキャッシングではないでしょうか。
各社が競うように、スピード審査や即日融資をウリにしていることは周知のとおりです。
何故、それが可能なのか、それは審査基準にあります。
もしも100万円以下の融資を希望の場合、大抵のケースは身分証明書の提出だけで審査が行われます。
そこで行われるのは、身元調査のみです。
と言っても身辺調査や素行調査のような興信所が行う複雑なものではありません。
申請した住所にきちんと住んでいるかどうか、電話番号は使われているかどうか、勤務先にきちんと在勤しているかどうかといった簡易的内容です。
さらに名簿から各業者の傘下にある信用保証代行会社が、過去あるいは現在、他社から借入はないか、遅延損害のケースはないか、ブラックリストに載っていないかを調べます。
同時に年収の3分の一までの借入総額という貸金業法の総量規制に抵触しないかのチェックも行われるのです。
といっても、各信用保証代行会社のデータはオンラインで結ばれていますので、その作業に何時間もかかるわけではありません。
そして、借入者の借入希望額まで貸せるという審査結果が出たならば、その額を信用保証枠として貸し付けます。
だからスピード審査で即日融資可能が売り文句として謳えるのです。
しかし、信用保証枠は大きければ大きいほど、たとえ消費者金融からの借りられ出会っても低利融資となります。
これらの業者では店頭金利を何%から何%という表示にしていますが、その低いほうの利率になるのです。
その時、もしも借入者が自分に適正はもっと高い保証枠を望んだ場合には、保証枠をいくらにするかの判定に、所得や支出などを調査しますので、当然時間がかかります。
ですから、即日融資はできない場合もありえるのです。
要するに、スピード融資と低利での借り入れはトレードオフだということは覚えておきましょう。