免許証だけでお金を借りることができる時代へと突入する


住居を借りるときにも自動車のローンを組むときにも必ず保証人が必要になってきます。
何かを借りるときやローンを組むときには担保が必要になってくるのです。
それに比べると、消費者金融での借入は運転免許証だけで済む場合も多くなってきています。
しかし、これは借入限度額が小額の場合だけです。
企業によってことなりますが、100万円以上の大金を借りるときには、収入証明書や保証人が必要になってきます。
逆に50万円以下や10万円といった少額であれば個人の信用を証明する書類があれば十分です。
個人を証明する書類として使われるのが、顔写真付きの免許書なのです。
カードローンの申し込みは簡単で、自宅でインターネットを使ってもできますし、無人契約機からでもできます。
14時までの申し込みの場合には、即日での融資をうけることができます。
必要書類の提出も、無人契約機に備え付けてある台のうえで写真をとるだけで書類を提出することができます。
その場で数十秒もあれば、作業が完了するのでとても簡単です。
必要なデータの入力と書類の提出が終われば、あとは審査結果を待つだけとなります。
見事に審査に通過することができれば融資を受けることができます。
融資をうけるのも返済をするのもインターネットからでもATMからでもできるので、いつでもどこでも利用することができます。
新規申し込みから返済まで、消費者のニーズに合わせて進化しているのが消費者金融です。